Concept

Conceptコンセプト

いっしょに、一歩先へ

わたしたち明朗社は

寄り添って

まずはお客さまについて知ること
ファンになることがスタートです

最初はいつだって「はじめまして」。
わたしたちに、お客さまのことを教えてください。
どんなささいなことでもかまいません。
わたしたちはお客さまのファンのひとりになり、
お客さまの活動を全力でサポートします。

INTERVIEW

PROFILE

営業部 営業1課 課長代理久保 眞徳Masanori Kubo

靴下製造メーカーの営業職を通じて販促物やディスプレイによって売れ行きが変わることに面白味を感じ、トータルの提案ができる明朗社へ2008年に入社。社会の動きや流行を捉え、よりよい提案へと繋げている。

どんなことでも相談してもらえる
一番身近な存在でありたい

初めてお会いするお客さまは疑問や不安を抱えていることも多いので挨拶やアイコンタクトなどの基本的なコミュニケーションを大切にし、初対面でも親近感を持っていただけるように努めています。お客さま対営業とはいえ、結局は人対人のお付き合い。お客さまと一番近い立場で信頼関係を築いていけるのは、この仕事の醍醐味でもあります。印刷会社の営業という枠にとどまらず「まずはどんなことでも相談してみよう」と思っていただけるような存在でありたいです。

  •    
共に考え

リアルな声を聞き、現状を調べ
一緒に課題について考えます

「こんにちは」。気軽な挨拶が交わせるようになったら
わたしたちとたくさんお話をしましょう。
「どんな商品があれば喜んでもらえるだろう?」。
「どんなディスプレイをすれば興味が惹けるだろう?」。
「どんなサービスがあれば嬉しいだろう?」。
お客さまが抱えている課題を解決する方法を、一緒に考えます。

INTERVIEW

PROFILE

営業部 企画課 ディレクター柴田 光一Kouichi Shibata

広告関係の仕事に興味を持ち2010年に入社。営業をはじめ企画立案を行うディレクション業務から広報の役割までをこなすマルチプレイヤー。プライベートではバイクや釣り、キャンプ、カヤックなど多趣味。

お客さまの生の声に耳を傾け
「頼れる裏方」としてお役に立ちたい

様々なメディアを通してトレンドを敏感に察知していますが、一番参考になるのはやはりお客さまの生の声。何気ない会話の中でもヒントを探り、それを発想へと繋げています。物事を相手の立場で考えるように心がけているので、内容やコスト面においてもお客さまの会社の一員になったつもりでご相談にのっています。この仕事で喜びを感じるのは、お客さまへ満足を届けられたと実感するとき。どんなご要望にも応えられる最強の裏方を目指してこれからも邁進します。

       
  •    
発見し

時代の流れを先読みして
解決すべき課題を発見します

「どうかされましたか?」。夢の話を聞かせてください。
叶えるために何が必要か、具体的な目標を見つけます。
お客さまが次のステップに進みたいときのお手伝いをします。
長年積み上げてきたノウハウの引き出しの中から、
課題を解決する方法をご提案します。

INTERVIEW

PROFILE

製造部 製版課藤堂 文菜Fumina Toudou

絵を描くことが好きでデザイン系の専門学校へ進学。卒業後、2008年に入社。入社当初から製版課にて経験を積み、現在は、名刺やリーフレット、冊子などの制作から、出力作業までを一貫して行っている。

身につけてきた知識と技術で
お客さまのニーズに応える

お客さまの要望を形にする過程で、文字が切れたり図に重なったりして読みづらくはないか、ラインがきれいに揃っているかなどの細かな部分を確認、調整しています。いただいたリクエストに対してよりよい代案が見つかった場合はそれがお客さまのためだと思い提示をさせていただくことも。工夫を凝らして新しいものが出来上がったときには嬉しい気持ちでいっぱいになります。出力や加工の仕事も増えているので色々なことをマルチにこなせるようになりたいです。

       
  •    
解決する

解決策へと導き、創造力を駆使して
お客さまの想いをカタチにします

「わたしたちにお任せください」。
課題を解決する方法が見つかったら、
お客さまの伝えたい想いをカタチにします。
ここまでパートナーとして共に歩んできた
わたしたちに、安心してお任せください。
さあ、行きましょう。いっしょに、一歩先へ。

INTERVIEW

PROFILE

製造部 次長合田 忠司Tadashi Gouda

愛媛県内の大学を卒業後1994年に明朗社へ入社。製版課で12年の経験を積んだのち、生産管理課へ異動。現在は製造部の次長として自社工場のスケジュール組みから紙の仕入れ、外注手配など幅広い管理業務を担っている。

コミュニケーション力を活かして
橋渡し役として基盤を支える

工場のオペレーターと営業をつなぐ橋渡し役として、日々納期の調整や管理を行っています。お客さまから依頼があった商品を作るにあたり、どうすれば早く、コストをかけずにいいものを作ることができるか。他部署と連携を取りながら構想を練り、予算に合わない場合は代替策が提案できる柔軟な対応を心がけています。金額が銭単位で出てくる細かな作業もありますが1円たりとも誤魔化さず、しっかりとチェックを行う真面目な姿勢を大切にしたいと思っています。

明朗社に相談してみませんか?

制作に関するご質問やご相談等、お気軽にお問い合わせください。

問い合わせる

上に戻る