Blog

Blogブログ

社員の日常

トレイルランニング大会へ出場

2018.06.29

こんにちは、製版課のNです。

数年前から、トレイルランニングを始めました。

山や自然が好きなので、トレイルランニングに興味を持ち、2015年の秋から始めました。毎年1回は何処かの大会へ行っているので今年で4回目の参加。まだまだど素人のヒヨッコで、完走できれば御の字なレベルです。

今年から岡山で「NAGI PEAKS TOUGH TRAIL CHALLENGE」という大会が6月3日に開催されると聞き面白そうなので行ってきました。ロングコースは参加資格が無いので、種目は27kmのミドルコース。トレイルランニングで27kmは自分にとっての自己最長の距離。

マラソン経験者からすると、27kmなんて楽勝って思われるかもしれませんが、山ですので平地はほとんどありません。トレイルランニングのベテランの方から聞いたところによると、27kmならマラソンに例えるなら倍の距離を走るぐらいの感覚と言ってました。なのでマラソンなら50kmぐらい走るぐらいでしょうか。

大会の様子の写真です。

 

 

 

 

 

会場と説明会の様子。左がスタート・ゴール地点。

説明会では、とにかくキツイので覚悟してくださいとのこと。最初の10km地点までの上りが相当キツイと言ってました。ロングコースが累積標高3600m、ミドルコースが1800mぐらいとのこと。私が参加するミドルでも石鎚山を上って降りるぐらいあります。写真の赤い服の方が大会プロデュースサーのプロ選手の奥宮さん。

時間がたっぷりあったので売店で、補給食を購入。

 

 

 

 

 

青いモンベルのサプリメントが疲れた体に良く効きました。

27kmの間には3カ所しか給水所がないので、自身が食べるも飲むものはある程度の量を各自が持って走らないといけません。山の中に給水所なんて何カ所も設置できないですからね。

 

 

 

 

 

上の写真は事前に自分で用意してた補給食です。こんなに必要なのかよって感じですが、制限時間目一杯つかってゴールすると考えたら、このぐらい必要かなと思って持って行きました。大きいサイズのゼリーは重たいから1個に減らしました。

岡山の津山市に前泊しましたが、駅の近くの安いビジネスホテルは選手でいっぱいの状態でした。

ちなみに津山市は、あのB’zの稲葉さんの故郷らしいです。お兄さんが営んでいるお店で作られている豆腐を途中の給水所で食べさせてもらえると競技説明の時に言ってました。しっかり食べましたが、甘くて美味かったです。

 

大会当日は、凄くいい天気でした。

必携装備品の携行が義務付けられているので、当日持って走る荷物を入れるザックが約3kgぐらいになりました。とにかく重い。大会当日にいきなり3kg近く体重増加したような感じです。

山の上で不測の事態に陥った時に対処できるように、レインウェア(ビニールのカッパは不可)、ファーストエイドキット、エマージェンシーシート、ホイッスル(滑落したとき等のため)、水1L、補給食、防寒用のフリース、地図、スマホ、などの携行が必須事項になってました。これらをザックに入れたら、かなりの重さになってしまいました。ルールなので、参加者全員同じ条件ですので、重たいけど我慢です。

 

 

 

 

 

これが、当日背負って走ったザック。荷物でパンパンです。

 

 

 

 

 

 

 

スタート直前の様子です。1人で参加したので緊張しまくり。

話し相手もいないので、ただじっとスタートの方向を見つめてその時が来るのを待っていました。

 

スタート地点にて待つ事5〜10分ぐらいで号砲が鳴り、いよいよスタート。

ここから先は、当然ながら写真は無し。そんな余裕はありませんでした。

コースは、最初の4〜5kmまでが舗装路ですが、アップダウンがあります。そこから、山形仙と言う山の頂きを目指し600mを一気に上ります。上ると今度は一気に下り最初の給水所です、そこまでが約10km。

山形仙の頂きまでが、とにかくキツかった。いつ終わるのか分からないような長い坂道が永遠と続きました。おまけに坂の傾斜が凄い。最初の間は楽しかったけど、だんだん疲れて来ると辛さに変わってきます。頂上まで、まだかまだかと考えながら上ってました。実はこのとき、ちょっとだけ参加したことを後悔してました。こんなにキツいとは。

山形仙の頂上へついたら、今度は200m下り給水所へ到着。しっかり補給をしたら、次なる山へ突入。

次は広戸仙という山へ向かいますが、ミドルコースは広戸仙の頂上へは行かずに途中で別ルートを通り、もとの給水所へ戻ります。今度は、400mぐらい上ります。この坂もキツかった、途中で岩をよじ登ったり、鎖で上ったりする所もあり、ちょっとだけリタイヤって言葉も頭をよぎりました。

1000mまで上ると、今度は山を一気に下りますが、下り坂も大変でした。マラソンの下り坂はサービス区間のような感じですが、トレイルの下りは傾斜が急で下りるのも大変。道もグネグネしてますので、下手するとコースアウトして山から転げ落ちます。注意しながら下り続けました。

山を下りきったら、しばらく舗装路を進みましたが、これが天国でした。アスファルトの上はほんとに楽ちん。

最初に通過した給水所へ到着して、水1Lを補給し少し食べたりして、最後の山へ突入するための準備をしました。ここで止めようかと言う気持ちも少しだけありましたけど、「まだまだ元気そうじゃないですか」というボランティアスタッフの声に励まされて、気力を振り絞って最後の山へと進みました。最後の山は、最初に登った山形仙です。

最後の山の頂は給水所から200mぐらい上りますが、足腰が疲れ切っているのでキツいのなんのって。でも不思議と、今までより少し楽に感じました。疲れがピークを越えて、体がおかしくなってきたのでしょうか?

上りきったら600mほど下って舗装路に出て、そこから3kmぐらいでゴールの予定。

しかし最後の山下りが物凄くキツかったです。下り坂の傾斜が凄く急で、足の爪が2枚も剥がれました。なかなか、走るのも大変な道なのでほとんど歩きでしたが、かなり足腰への負担が大きくて下りきった時には、物凄く安堵しました。

舗装路に出た時に時計を確認したら時間は十分にありました。これは完走は確実!

しかし、私のGPSウォッチとの距離の誤差が大きくて、なんと2km足りて無かった。なので、残り5km。

これはかなり精神的ダメージが大きかったです。マラソンと違って、山の中だからGPSの誤差は当然ながら考えてないといけませんね。それでも、残り時間を計算したら完走は確実なので、ザックに入れてた補給食を食べながら最後の給水所へ進みました。

最後の給水所で水浴びしてクールダウンして、そうめん、バナナなどをいただいて最後の約5kmへ向けてスタート。ボランティアスタッフから、「走らんと間に合わんぞ」って言われましたが残り時間1時間10分もあるので、「いやいや、歩いても間に合いますよ」って返事をしました。

残りは全て舗装路ですが、ゴール近くがかなりの上り坂になってます。この辺は、足が疲れ果てて全部歩きました。情けないが仕方ないです。

上りきったら、MCの声が聞こえてきて長く辛かったレースの終わりを実感。ゴール前で、売店のお兄さんやプロランナーの奥宮さんとハイタッチして、完走の喜びを実感。

制限時間も残りわずかな状況でしたが、無事にゴールテープを切ってフィニッシュしました。

完走記録証をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

個人情報にあたるので、細かな数字はボカしてます。

ゴールして椅子に座ったら、ぐったり、立ち上がるのが辛いぐらいの疲労度でした。

ゴール後にGPSウォッチを見たら、31kmと表示されてました。ミドルコースは27kmのはずですが山だから4kmも誤差がでたのでしょうか? 30km以上のトレイルランニング大会の完走実績があれば、来年はロングコースに出られるんですが、これはやっぱり認められないですよね。

無事にミドルコースを完走したから、ITRA(国際トレイルランニング協会)より2ポイントゲットしました。あと1レースで3ポイント獲得できたならば、あのSTYへのエントリーが可能になります(恐らく、間違ってたら済みません)。

STYとは、https://www.ultratrailmtfuji.com。92kmのトレイルランニングです。27kmで死にそうになってるのに、応募しても落選は確実です。というか、応募条件を満たしても現状では当然ながら応募はしません。

今の私には、無謀すぎる夢物語な話ですが、いつの日かチャレンジしてみたいです。

しかしレース中は、なんどもリタイヤを考えたけど諦めなくて良かった、どんな記録でも最後までやり遂げることの喜びと感動を再確認しました。こういったチャレンジは仕事にも活かせます。若い頃よりは、かなりメンタルは強くなったと思います。

次のトレイルランニングは、9月23日の白竜湖(広島)の22kmです。白竜湖は高低差があまり無いようです。走れる所が多いそうなので楽しみです。

なんと人間ドッグの1週間前が大会ですが、コースの難易度が低いので大丈夫なはずです!

明朗社の日常

ユニフォーム

2018.06.29

日中は30度を超えるようになり、すっかり暑くなりましたね。

 

当社で、現場のユニフォームとして砥部町ポロシャツを使用しています。

各色揃いました。

 

 

 

 

 

正面から

 

 

 

 

 

後ろから

作業着メーカーのジーベック製で、通気性もよく速乾性もあり仕事着としても最適です。

私も1着、持っています!

砥部町にある印刷会社なので、大きく砥部と入ってても全く違和感ありません。

せっかくなので、全色コンプリートしたいですね(笑)

向上委員会健康づくりチーム

えひめ5時間リレーマラソン 走りました!

2018.06.19

2018年6月16日土曜日に
JA共済Presentsえひめ5時間リレーマラソン大会
初参加してきました。
梅雨入りになり、当日の天気を心配していましたが…
真夏日同様で日差しが強く、気温も最高28℃と晴天でした…(泣)

健康づくり+社員の絆を深めるには…
ヨシ!襷を繋ごう!

と参加表明をし、参加者決定前に申込を済ませ、
引き下がれない状況を意図的に作り、社長を筆頭に10名のランナーを確保しました。
5月から週二回の練習会を行いソコソコ走ることに体を慣らして
いざ本番!周りの雰囲気に臆すること無くマイペースを貫き、結果よりも
健康と絆を第一にしっかり襷を5時間繋ぎました。


弊社のアスリート部隊に、社長独走!?(嘘です)からの…社長召されかけてます。


場内モニターに映し出されるS川さん!これはいい宣でn…こほん。

 

結果よりも~とは言いましたが、結果はどうだったかというと

ででん!

全体542チーム中381位!
職場対抗の部では…180チーム中132位!
でした(笑)
今回の参加で私個人の感想ですが、とても良い時間を過ごせました。

一生懸命走って帰ってきた仲間を拍手で迎え、襷を手にし、走り出す仲間にエールを送る。
そこに部署も役職も関係無く、ランナーを支えてくれるサポーターも応援に来てくれた仲間
も、みんなが一緒に笑顔で過ごす時間となり、とても素晴らしいと感じました。


裏でランナーを支えてくれたサポーターの面々。

皆さん!健康の秘訣は「笑顔」でいる時間を増やすことかもしれませんよ!
余談ですが、私は20年振りに幼なじみに会いました。おおよそ5,000人居る空間で
20年振りに幼なじみに会うとは…お互い老けても気付くものなのですね(笑)

以上健康づくりチーム代表「のもっさん」からの報告でした。

情報発信チーム

暑い夏の必需品といえば!?

2018.06.14

 

みなさんこんにちは!いつもお世話になっております。さあ!いよいよワールドカップロシア大会が
開幕しますね!見逃せない戦いがはじまります( `ー´)ノ!!
(今回はそこまで深い時間ではないのが嬉しいですね(*’ω’*)♪)

6/19(火)21:00 サランスク NHK
コロンビア vs 日本
6/24(日) 24:00 エカテリンブルク 日本テレビ・NHK-BS
日本 vs セネガル
6/28(木) 23:00 ヴォルゴグラード フジテレビ
日本 vs ポーランド

 

クーラーの効いた部屋でテレビの前で応援する場合は特に必要ありませんが、これからの時期屋外で応援したり外遊び、イベントなどの際に必需品になるのが「うちわ」ですよね!
いきなりですが・・・ご存知でしょうか?

「うちわが夏の販促の鉄板なつの理由!」
1. 安い
他のノベルティ商品に比べ、コストパフォーマンスが良好です!うちわの種類によっては、サイズ・厚みや色数も選べてリーズナブルに!明朗社でご注文頂ける場合は価格も納期も頑張ります!2. 伝わる 
お客様の「目的」に合わせて様々な商品ラインナップとデザイン・企画でご提案いたします!弊社のうちわは、「伝わる」シナリオがあります!

3. 喜ばれる
夏まつりや、夏の野外イベントでは貰って喜ばれる販促品NO,1
しかしすぐに捨てられては、イメージダウン(+_+) しかし捨てられず喜ばれる工夫があります!

事例紹介)食品系ECサイト運営会社「フレッシュ土山」様の場合
大手インターネットショッピングモールで全国でも柑橘の分野ではTOPクラスの売り上げを誇る大人気店です。顧客一人一人に感謝の気持ちをこめた暑中見舞いハガキを送りたいけど、数が多いとコストがね・・・。と相談いただきました。そこで考えたのがこちらです。

ご注文頂いた商品を発送する際に、商品とうちわを同梱し発送しました。コストは、紙面の内容はかもめーるハガキに比べ倍以上、コストは半額以下で製作可能です!デザインは表面で感謝のご挨拶を、裏面では柑橘食べごろカレンダーを紹介しました。多くのお客様から喜んで頂いて、結果的にうちわ発送後の注文率とリピート率の向上につながったとの声をいただきました。お役に立てて何よりです!
他にも多くの事例を紹介してご説明したいのですが、すべてはWEB上ではお見せすることができないので、気になる方は下記のお問い合わせフォームまたは、お電話にてお気軽にお問い合わせください

~知って得する、商売繁盛のヒント~
うちわに限ったことではないのですが、効果・売上がUPする販促物の条件として

①ターゲットを明確に絞り

②お客様の立場で喜んで頂ける為に、何を伝えるべきか
③そしてどう行動してほしいか

弊社では様々な企画・アイデア・アイテムをご用意させていただきます!販促物を通じてお客様との関係性の向上に繋がることを目標に、全力で尽力させていただきます!
貴社の優れた商品・サービス× 伝わるデザイン× ターゲットに合わせたうちわ=商売繁盛・ファン拡大 
の販売促進の方程式を、ご体感ください!
御見積やご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。         営業企画課 柴田

 

明朗社の日常

外壁塗装工事のお知らせ

2018.05.23

いつもご愛顧いただきありがとうございます。
現在、外壁塗装工事を実施しております。
ご来社頂く取引業者様や、近隣の住民の方々には大変ご迷惑
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

※6月中の工事完了を予定しております。

1 2 3

明朗社に相談してみませんか?

制作に関するご質問やご相談等、お気軽にお問い合わせください。

問い合わせる

上に戻る